借金に苦しむ時期に支援してあげた古い付き合いの知人が増える借金の前に債務整理を検討中なれど自己破産が濃厚です。

専門家に相談 債務整理の強い味方
専門家に相談 債務整理の強い味方

増える借金の前に債務整理を検討中なれど自己破産が濃厚な経営者

15年以上前、知り合いでコンサルティング企業の経営者が多額の借金に苦しんでいることを知り、コンサルティングの業務を優先的に回してあげて5年程前には一時的にかつての借金を半分程度まで圧縮できた時期に私は仕事から足を洗ってしまったのですが、その後、業績が不振で再度借金が増えだしてしまい、なかなか挽回できないことを悩みながら創業25年を越えたところで債務整理の検討を始めたことを聞いたのです。このコンサルティング企業経営者と長らく付き合ってみて感じたことは折角調査能力などコンサルティング業務に必要な資質を持った研究員と意見が合わないという理由で排除するタイプの経営者であることが災いしたのではないかということです。私がこの経営者と付き合っていた10年弱の間に従業員がわずか10人余りの中小企業でありながら、業務の中心的立場にあった研究員3人が全員1,2年おきに退職していなくなってしまったのです。

やむなく正社員扱いで研究員募集をしても無名の中小企業にすぐ中心的存在になる実力を持つ応募者が来るわけがなく、結果的には自らの経営ぶりで自らの首を絞めていることを諭しても認めようとせず、ついに債務整理する事態になったのです。借入を受けていた金融機関が返済条件を折れる様子がないので任意整理の道はとれないし、経営姿勢が認められそうもないので民事再生できそうもなく、自宅と事務所の両マンションを借金返済の埋め合わせに処分されて自己破産しそうな雲行きになりました。過去の自分の経営の仕方を幾度となく変えるよう忠告してあげたのですが、聞き入れるだけの度量がなく、私は遂に自己破産もやむを得ないと匙を投げてしまいました。

おすすめ情報