自己破産は全債務を対象にした債務整理の方法で、資産を整理した上で残った債務を免責にすることができます。

専門家に相談 債務整理の強い味方
専門家に相談 債務整理の強い味方

自己破産は唯一全額免責になる債務整理の方法

債務整理の中で、自己破産は唯一返済義務が一切なくなる方法です。裁判所が間に入りますので手続きは煩雑で、一定の職業に就けなくなるなどデメリットもありますが、返済しきれない借金を抱えてどうしようもなくなったら最後の手段として有効です。しかし自己破産をする時は、すべての債務を裁判所に申し出る必要があります。友人に借りたお金だけは返したい、車は所持したいので車のローンはそのままにしたい、というような選り好みができないところが欠点と言えば欠点です。また所有しているすべての資産で債務を返済し、残った債務を免責にする制度ですので、マイホームや車など資産を残すこともできません。時々資産を残したいため、自己破産の前に自宅や車の名義を家族に移そうと考える人がいますが、破産の申請をした時点で資産についても調べられます。資産隠しが発覚すると免責許可が出ませんので注意しましょう。また債務超過になった理由がギャンブル、著しい浪費などの場合も免責許可が出ません。養育費や不法行為に基づく損害賠償の義務も破産によって免責されない債務です。

マイホームや自動車など、どうしても手放したくない資産がある場合は任意整理のほうが良いでしょう。任意整理とは、名前の通り債権者と債務者が任意で取り決めをする債務整理の方法です。自己破産のようにゼロになることはありませんが、大幅に債務を圧縮できる可能性があります。裁判所を通さない任意の手続きですので煩雑さがない点もメリットです。

おすすめ情報